• info@guresen.net

都道府県知事から貸金業登録

平成18年に貸金業規正法が改正される前は、多くの闇金が都道府県知事へ貸金業登録を行って営業していたと思います。

日本貸金業協会

貸金業規正法が改正されてからは、登録が難しくなったので今の時代貸金業登録されている会社は、闇金では、無いと考えます。

10年前なら貸金業登録されているからと言っても闇金営業を行ってる業者が沢山いました。

法が改正後、貸金業登録を困難にした二つの事

平成18年に貸金業規正法が改正されてから貸金業登録を行うにあたり困難になった事が二つあります。

資本金
改正前は、300万円でした。改正後は、5000万円となりました。
貸金業務取扱主任者資格制度
改正前は、貸金業取扱主任者ってのは、ありませんでしたが改正後は、1店舗に必ず1人、貸金業取扱主任者ってのを置かないといけなくなりました。

上で言った資本金と貸金業務取扱主任者資格制度の二つが変わった事で貸金業登録が困難となりました。

それまでは、闇金業者の多くか貸金業登録を受けて、営業していたと考えます。

今の法律では、貸金業登録は、凄く困難なんですよ。

昔は、新聞や雑誌にも闇金と思われる業者の宣伝が掲載されていましたが現代では、新聞や雑誌に闇金が宣伝を掲載する事は、困難なので安心だと思います。