• info@guresen.net

キャッシング(2)

上手に使えば役に立つキャッシングについて、審査甘いやブラックOKに関する知識をご紹介。

キャッシングの記事一覧

オリーブファイナンスは借り易い?

大阪に店舗を構える、正規登録業者です。

ネット対応、来店対応の両方あり便利ですが、関西圏在住の方が融資の中心で即日振込にも対応しています。

担当者の対応等は、比較的良い評判が多いです。

確実に融資してくれる金融

融資申し込みに際して、確実に融資してくれるところを中心に探すことって多いですよね。

しかし、現在は大手も中小も審査基準が以前より大幅に厳しくなり、融資してくれる金融業者を見つけることは容易ではない状況です。

少しでも自分の状況を優位にする資料作成や多重借入の整理を優先しないと、なかなか小額でも新規や追加での融資は引き出せません。

自己破産者に融資する金融屋

大手の消費者金融、ショッピングローンは免責後、最低5年間は信用情報機関の存在で融資を受ける事は厳しく難しいようです。

各銀行やクレジットカードなどは7年以上はかかるようです。

ましてや、債務整理した金融機関はもちろん、系列の金融機関からの借り入れはほとんど将来に渡り無理なようです。

ブラックリストでも借入できる?

CICや全銀協の個人情報信用機関に、金融事故(延滞、未払い、自己破産、債務整理など)が記載報告された個人情報対象者が、一般的表現でブラックリスト記載者と言います。

金融機関は、このブラック対象者には殆どの場合融資拒否しますので、状況を改善しない限り、融資可決へ向けての対策はない状態です。

正規業者からの借入は不可能と考えたほうが無難でしょう。

キャッシングで可決が緩い可能性

緊急で資金が必要になり、金策の一つとしてキャッシングが考えられます。

現在保持しているクレジットカードや、ローンカードのキャッシング枠が活用できれば可ですが、新規で申し込む場合は、成るべく審査が簡略で緩く甘いと言われている会社に申し込みたいのでは

又、金利も安いに越したことはありません。

しかし、誰でも無条件でキャッシング可能ではなく、審査のハードルは現状経済状況が厳しい人程、不利になります。

融資の保証人とは?

金融機関などに融資を申し込みした場合、概ね保証人の有無を問われます。

銀行やそれに順ずる機関の場合、殆どのケースで保証人、連帯保証人が要求されます。

融資に見合う担保があれば別ですが、ない場合に尚且つ保証人が立てられない場合、かなりの確立で融資不可となるでしょう。

ブラックとはなんですか?どういう基準?

キャッシング関連でブラックと言う言葉をイメージするのは、ブラックリスト記載者、申し込み否決ブラックなどが考えられます。

前者は何らかの金融事故や問題があり信用情報調査期間に登録された者、後者は融資申し込みなど短期間で複数行い全て否決の状況ですが、何れの場合も、追加融資や新規申し込み審査に大変不利な状況となり、個人にとって好ましくないことです。
事実上の金融事故者で信用度ゼロです。

良好顧客には甘い審査

融資申し込み時の審査が甘いところはその時点の条件により存在します。

条件とは借り手がほぼ審査上問題ない状況で良好顧客になることが想定される場合です。

銀行は全く問題がない場合に限りますが、消費者金融の場合、大手でも通過可決の可能性は大です。しかし、信用情報に問題がマークされている場合は、申し込み会社がその時点で何を重点基準にしているかで、状況変化し、申し込みトライしてみなければ結果わからず、と言うのが現状です。

キャッシングの続き:

他のカテゴリ: