• info@guresen.net

生活保護費受給者の借入について

年々生活保護受給者が増加の一途を辿っています。

生活保護費受給者はそれぞれの事情があり保護開始を受けたのですから、原則として新規での借入は法で禁じられています。

しかし、止むを得ない事情で緊急の金策を必要とする場合がありますが、役所の相談窓口でも資金調達に対応出来ない場合も多々あります。

その場合、融資を実行してくれる金融業者は存在するのでしょうか?

生活保護費受給者への融資

生活保護費受給者への融資

国は法律に基づき、生活保護費受給者の融資借入やその方々への金融業者の融資実行を禁じています。

ecn024b-s.jpg11.jpg

従い、銀行など正規金融機関や公的融資制度、大手や中堅消費者金融・クレジットやローン会社などは、収入証明も勤務先も無いのですし、尚且つ、生活保護者となれば当然審査否決します。

申込者が虚偽の申告や虚偽書類を提出しても、申込者の信用程度調査により虚偽は明確になり、結果審査秘訣となりますので、正規機関では融資を受けられる可能性は皆無と言って過言ではありません。

それでも融資する金融業者

生活保護費受給者がどうしても資金が必要になり、止むを得ず融資を申し込んだ場合に、なぜか融資が可決するケースもあります。

融資を実行する金融業者の多くは、街金融や闇金融です。

正規金融機関や業者では審査は通りませんが、街金融や闇金融は、定職がある方の収入証明も生活保護費の支給証明も収入ありと見做し、独自の審査基準で融資を可決実行するケースもあります。

2013-11-19_145506.jpg12.jpg

寧ろ、役所が支給する生活保護費は確実に入金される為、返済予定日の把握もし易く貸倒れリスクも低いと想定している場合もあります。

関西圏に特に多いと言われていますが、闇金融で貸出も回収も直接手渡しの業者が存在しますが、この業者は生活保護費支給日に受給者と一緒に役所に出向き、支給後即融資金を回収する手口を取っています。

必ず回収出来ますし、その場で追加融資の確約を取り付け、延々と押し貸しで生かさず殺さずカモにするやり方だと言われています。

闇金や街金は、当然高利で厳しい取り立ても予想されますので、借入には充分に注意が必要です。

コメントする