• info@guresen.net

年金受給者への貸し付けについて

高齢者の方々で、無職の為年金以外の収入が無い方々も沢山存在します。

その方々は急な出費で資金が必要になった場合、借入などで対応したくなりますが、なかなか年齢的な貸出制限や無職の為の融資条件未達で融資先を見つけるのに苦労します。

このような方々は、どの様に金策するのでしょうか?

何か融資を受ける方法はあるのでしょうか?

年金受給者への融資

年金担保融資

独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫が、各種年金を担保にした融資を実行しています。

nenkin.jpg1nennkinn.jpg

この2箇所以外では正式な年金担保融資は認可されていませんので、中小金融業者が勧誘宣伝する年金担保貸付は違法性が高いということになります。

福祉医療機構では厚生年金・国民年金・船員保険・労働者災害保険年金などが貸出の担保となり、資金の使用目的は、医療費・介護福祉費・住宅改修費・教育費・借金返済・臨時生活費・冠婚葬祭費等に限定されています。

日本政策金融公庫では、恩給や共済年金受給者が対象で、貸出目的は福祉医療機構と同等です。

審査や融資金額の制限

公的機関から支給される年金が担保になっており、貸し手はリスクが無い為、審査そのものは複雑なことや難易度が高いこともありません。

dftgyhujikolpokpokpji.jpgshinnsa2.jpg

融資金額は最大で250万円ですが、年金額の1倍までの制限があり、又返済に関しても生活費確保の為年金の半分は手元に残る返済額制限もあり、返済月は年金支給月に限定されるなど、借手に配慮された融資条件となっております。

金利は年率1.6%と低利に設定されています。

又、借入に当たっては連帯保証人が必要ですが、保証料を払っての保証会社の起用でも対応可能になっています。

中小金融業者の年金担保融資

福祉医療機構と日本政策金融公庫の年金担保融資以外は、正式金融商品や制度として認可されていませんので、中小金融業者がホームページやダイレクトメールで広告している年金担保融資は、国が認可したものではありません。

ilm22_ab03014-s-300x300.jpgtannpo3.jpg

従い、違法性もあり、又金利も公的機関とは比較にならない法規制上限や上限以上の高利であることが、多く見受けられます。

正規優良金融業者でない場合など特に高利や悪質な取立てなどで、高齢者を苦しめているケースも散見しており、押し貸しや追加融資で更に貸し込む業者がいるのが現状です。

090や080金融が年金担保を持ち出し融資するというのなどは論外ですから、話に乗らないよう注意が必要です。

銀行店頭などで宣伝している年金担保融資は、日本政策金融公庫の代行業務などが主たるものですから、銀行金融商品は安心して利用可能です。

コメントする