• info@guresen.net

ブラックが金融会社からお金を借りれる方法



一度、ブラックリストに載ってしまうと、事故情報が消えるまでは銀行や大手信販会社、大手の消費者金融からの借り入れは不可能です。

naniwano_machikin.png

そんな中、ブラックでもお金が借りられる金融会社というのはご存知でしょうか?
違法金利による貸金業登録のない無登録の闇金業者ではなく、正規の消費者金融です。

中小「街金融」と呼ばれる小規模な消費者金融では、ブラック対象者でも審査し、高額は無理ですが法定利息で法に則って貸付を行っています
居住地域が異なる地方や遠方の会社でも、今はネットおよび電話での申し込み、郵送やメールでのやりとりで契約が可能です。

これらの街金融の一部は、大手では審査対象にならない金融ブラックの人にも貸付を行っており、もちろん審査はありますが実際に可決された人も多数います。どこにも借りられないと諦める前に是非確認してみてください。

ブラックでもお金は借りれる可能性について

自己破産後の貸付

近年、個人の自己破産が増加の一途をたどっています。
消費者金融の無人契約機やインターネットでの契約の広がりもその要因となっていることでしょう。

自己破産というと、戸籍に掲載されるのではないか、近所、身内、会社に知られるのではないかという後ろめたいイメージとは異なり、実際は借金の免責を法的に受けることで再スタートできるシステムです。

ただし、一度自己破産すると最低7年は個人信用情報機関に掲載されローンを組むことができません。

自己破産後に待っている生活

自己破産をすることで最も大きなメリットは、月々の返済が全てなくなることです。
これは個人にとって非常に大きなことであり、人生の再スタートと言ってもよいでしょう。

官報

巷で言われるような目に見えるデメリットは何もありません。
会社や友人、身内に知られることもないでしょう。

ただし、家族と暮らしている人にとってやっかいなのは闇金融からのダイレクトメールです。官報に名前と住所が掲載されることで、それを見た闇金業者が甘い広告のはがきを送ってくるので、注意が必要です。

さて、破産する上で財産は既に処分していますが、日々の生活でいくらか足りない、急な出費が・・・・などという事が生活していれば誰にでも起こることです。
そんな時に頼れるカードローンがない、どうすればよいのでしょう。

自己破産によるデメリット

CRIN(クリン)信用・与信情報共有

破産後の最も大きなデメリットは、いわゆる金融ブラックとなることです。
個人信用情報機関に掲載され、官報に名前が載ることで銀行、クレジットカード会社、正規の大手消費者金融からは7年は借り入れすることができません。ローンを組むことも出来なくなります。

出費がかさみ、お金が必要になってもどこからも融資を受けられない。
いわゆる闇金でしか借り入れできないのでしょうか。

ブラックリスト対象者の借入

「金融ブラック」「ブラックリストに載る」などという言葉を耳にします。
正式には「ブラックリスト」というものは存在せず、正しくは個人信用情報機関に登録された事故情報のことです。

一度ブラックリストに掲載されてしまうと、カードローン、クレジットカードの作成、新たな借り入れなどは一定期間できなくなります。

再スタートをする上で少額の資金がないとき、急な出費があった時にどこにも借りられずに困窮する人もいるのが現状です。

ブラックリストはいつ消える?

事故情報として信用情報機関に登録される場合の主なものとしては、

金融ブラックリスト

自己破産、民事再生、任意整理(法的借金の整理がこれにあたります)

借り入れ金の延滞

保証会社による弁済

などがそれにあたります。
新たな借入をする場合は必ずこれらの情報機関に照会されるため、事故情報がついているだけで審査対象にならず、申し込み数分で「否決」されたという人もいるようです。

これらの情報は一生掲載されるわけではありません。一定期間が経過するとその情報は消えます。会社によって異なるようですが、それは5~7年の期間と言われており、信用情報機関は本人であれば開示可能ですので期間が過ぎた頃に自分で確認することができます。

ただし事故を起こした当の会社については、社内独自の名簿があるため一定期間が過ぎたあとでもその会社でのローンや融資は不可能と言われています。

ブラックにも貸すサラ金はあるのか

自己破産をするということは借金がすべてなくなるということです。
いわば真っ白な状態。
このような「ブラック」になった人でも借り入れのできるサラ金があります。

大手は無理ですが、中小の街金融と呼ばれる小規模な消費者金融の中には大手との差別化を図る意味でも、金融ブラックになっている人を審査対象としている貸付してくれるところがあります。

自己破産によって返済能力が回復した人にとっては、このようなサラ金を利用することで、高額は無理ですが、日々の生活の立て直しには多いに助けとなるので、安易に闇金融などに借りないよう、ブラックでも審査してくれる正規金融業者を見極めることが重要です。

ブラックなのに借りれる

エイワにいるヤクザをイメージ

エイワは貸金業登録の正規消費者金融会社ですが、金融ブラックの人への融資も行っています。小口融資になりますが、店舗で対面、「怖い」イメージとは異なり実際に対面するととても親身になってくれるとの声も。

金融ブラックの人に簡単に貸すような所は却って信用できないのであり、正規金融業者の中でも独自の立場で長年にわたって営業しているエイワは金融ブラックの人にとっても頼れる業者です。

中小消費者金融の現在

サラ金を取り巻く環境はこの10年で大きく変わりました。アコム、プロミスなどの大手サラ金は、金利改正、法的整理による過払い金の支払などで経営が圧迫されてメガバンクの傘下に入ることでその危機を乗り越えましたが、中堅の業者は追い詰められ、財政危機を打開できず、新規貸付を停止したり、事実上の廃業に追い込まれた街金融もあります。

大阪に本店を構えていた老舗のキャスコ金融もその1つです。
親会社を変えるなど再建を試みながらも波には乗れませんでした。

中堅業者の生き残り

法改正による売上減、高額融資や優良属性の顧客は大手に奪われつつも中小金融業者、いわゆる街金は独自のあり方で今なお顧客に根強い支持があります。

それは大手では可決されない属性の人々、金融ブラックを含め実際には返済能力がありながらも審査が通らない人々への小口融資を行うことです。
昔ながらの貸金業、その需要は確かにあります。

エイワを始めとする今なお営業している中堅消費者金融は、時代が変わってもその有り様は変わらずに存在しています。

金融会社エイワ

老舗の中堅消費者金融であるエイワは、とてもユニークな会社です。今やどこの消費者金融も今や無人契約機、インターネット・電話での申し込みが主流で実際に店舗行って契約することは非常に少なくなってきていますが、エイワは今も「対面融資」という営業方針を変えていません。

キャッシング「エイワ」の詳細

対面融資ならではのエピソードも多々あり、ヤクザまがいの服装、暴言のような説教などクチコミでは言われていますが、少々昭和チックな「街金」の香りを今なお維持しつつ、利用者に借金をすることの怖さをしっかりと説き、今どきそんな親身な業者は珍しいものです。

「人」を見て判断、対面重視、のエイワは他社でネット申し込みでは否決された人も、「融資してもらえた」という声が多数聞かれます。