• info@guresen.net

CRIN(クリン)信用・与信情報共有



私が最近知った単語でCRIN(クリン)ってのがあります。

名前だけだと、(綺麗)を想像しましたが何だか分かりませんね。

CRIN(クリン)とは、悪い与信情報を共有するネットワークの事を言ってます。

CRINの情報共有ネットワーク

悪い与信情報とは、貸金業者から借入起こし返済トラブルが起きた情報です。

例えば、返済の延滞・遅延の他に自己破産などの債務整理が返済トラブルと言います。

CRIN(クリン)情報の共有

  1. 信用情報機関
  2. 主な業種
  3. 信用情報機関への加盟
  4. CRIN(クリン)情報

信用情報機関

JIC,CIC,KSC三つの信用情報機関での取り組み

悪い与信情報は、共有しましょうってのがCRIN(クリン)です。

情報の共有は、三つの信用情報機関が取り組んでます。

この三つは、日本の三大信用情報機関と言ってよい大きなネットワークです。

  • 株式会社シー・アイ・シー CIC(Credit Information Center)
  • 全国銀行個人信用情報センター JBA(Japanese Bankers Association)
  • 株式会社日本信用情報機構 JICC(Japan Credit Information Reference Center Corp)

信用情報機関は、顧客の個人情報と合わせて与信情報を管理しています。

個人の属性:,名前,生年月日,性別,住所 契約内容:限度額,契約年月日 支払い状況:最終の支払い状況,請求書と支払い額,支払い完了の有無

それぞれの信用情報機関がデーターを管理してますが、悪い与信情報を共有しましょうってのがCRIN(クリン)です。

主な業種

貸金業者は法律で貸し過ぎでは駄目だと決められてます。

信用情報機関を利用する業種とは、なんでしょう?

  • クレジットカード会社
  • 信販会社
  • 銀行
  • 銀行系カード会社等
  • 消費者金融
  • 信販会社

信用情報機関を利用するのは、貸金業者なんですね。

貸金業者は、顧客(債務者)の情報をデーターで管理して信用情報としてます。

多重債務が社会問題となった経験から顧客が多重債務にならないように管理してるとも考えます。

また、CRIN(クリン)は、貸金業者の融資焦げ付き減らす事ができる情報共有システムなんです。

信用情報機関への加盟

JICC CIC JBA のロゴ

貸金業者と言っても様々な職種があるんですが、職種に異なり加盟している信用情報機関が違います。

CIC
クレジットカード会社と信販会社
JBA
銀行と銀行系カード会社等
JICC
消費者金融と信販会社

貸金業者の業種によって、加盟する信用情報機関は、上記の通りです。

CRIN(クリン)情報

この情報の共有が始まる前は、CICでブラックだったとしてもJICCでは、融資を受ける事ができたって様な事も日常茶飯事でした。

しかし、CRIN(クリン)により与信情報の共有がスタートしてからは、どこかでブラックと登録されると全ての情報機関でブラックが共有されているので必ず悪い与信情報があるを貸金業者に知られるようになりました。

CRIN(クリン)と言うシステムで、貸金業者から融資・借入が困難な人は、多いと考えます。

個人信用情報の開示

信用情報機関で自分の個人情報・与信情報がどの様に登録されているか開示する事ができます。

興味がある方は、個人情報の開示をご覧下さい。